避妊について

避妊について PILL

ピルについて

生理痛や子宮の病気にも
適応できます

ピルと聞くと「避妊薬」というイメージがどうしても強いかと思いますが、最近では避妊の目的というよりも生理痛や子宮の病気の治療に使用されています。また、ピルといっても様々な種類があるため、お一人おひとりに合ったものを処方しております。
処方の際には医師による説明を行っておりますので、しっかり理解した上で正しく服用するようにしましょう。

生理痛の治療に用いられる
ピルについては
一部、健康保険が認められています。

ピルのメリット

月経周期の安定

生理の周期が規則正しく28日周期になるので、生理不順を改善し、安定させることが可能です。また、旅行や試験の際などの予定がある場合は1ヶ月ほど前から調整すれば、生理日を変更させることも可能です。

月経量の低減と
月経痛の改善

日本人の女性で生理痛に悩んでいる人は約100万人と言われています。
ピルを服用していると、子宮内膜が厚くならないうちに生理がくるため、出血量が減り、子宮収縮も抑えられて月経痛が軽くなります。

ニキビ治療

思春期ではない大人ニキビの原因は、男性ホルモン活性が優位に働くことが考えられます。そのため、Uゾーンに出来るという方はピルを服用することで改善可能です。悪化すると、背中やデコルテ部分にも出てしまい、治りにくくなってしまいます。

子宮に関する病気の低減

ピルを継続的に服用することで、子宮内膜症になりにくくなるという報告もあり、すでに子宮内膜症にかかっている場合は、進行をくいとめ、病状を改善させる可能性があると言われています。


ピルの種類

マーベロン

男性ホルモンの作用抑制効果が高く、ニキビ治療や多毛症の改善に期待が持てることも特徴です。

ラベルフィーユ

不正出血が起こりにくく安定した周期を作りやすい低用量ピル。性欲減退もおきず、ジェネリックなので低価格なのも特徴です。


ミレーナ

近い妊娠を希望しない方に

ミレーナとは、子宮内に装着するタイプの小さなT字型の避妊具のことで、「避妊リング」や「IUS」とも呼ばれています。これを装着することで黄体ホルモンが継続的に放出されるため、子宮内膜を薄い状態に保ち着床を防ぐことができます。一度子宮内に入れるだけで最長5年ほど避妊の効果があることや生理痛や過多月経の症状を緩和する効果もあり、ご利用する患者さんも増えてきました。

過多月経の治療に用いられる
ミレーナについては
一部、健康保険が認められています。

緊急避妊

避妊に失敗してしまった方へ

避妊に失敗してしまった場合や避妊をしなかったという場合、性交後72時間以内に緊急避妊ピル(アフターピル)を服用します。そうすることで100%ではありませんが、避妊できる可能性が高くなります。また、性交後早く飲むほど避妊の効果が高いため、必要のある方は出来るだけ早めに当院へお越しください。

当院の処方薬「ノルレボ」について

ノルレボは、あすか製薬から販売されている緊急避妊薬です。ノルレボの効果は「受精卵を作らせないこと」と「受精卵を子宮内膜で着床させないこと」の2つの働きによって避妊を行うことができます。

服用方法

性行為を行った3日以内
(72時間以内)に
服用してください。

処方の流れ

01

受付

ご来院いただきましたら、受付を済ませていただき、問診票をお書きになってお待ちください。

02

診察・検査

医師による問診を行います。必要と判断した場合、採血やエコーなどの検査をします。

03

お会計・受け取り

待合室にてお待ちいただき、呼ばれましたら、お会計とピルの受け取りをしていただきます。

費用

マーベロン(対面診療) 1シート 4,620円
2シート 6,050円
3シート 7,480円
4シート 8,910円
5シート 10,340円
6シート 11,770円
ラベル
フィーユ
(対面診療)
1シート 4,180円
2シート 5,170円
3シート 6,160円
4シート 7,150円
5シート 8,140円
6シート 9,2130円
マーベロン(オンライン診療) 1シート 5,170円
2シート 6,600円
3シート 8,030円
4シート 9,460円
5シート 10,890円
6シート 12,320円
ラベル
フィーユ
(オンライン診療)
1シート 4,730円
2シート 5,720円
3シート 6,710円
4シート 7,700円
5シート 8,690円
6シート 9,680円
ノルレボ 10,450円
ミレーナ 37,950円

※費用は全て税込み表記です。
※ミレーナの位置や出血の状況などを確認する定期検診はとても重要です。
※異常を感じなくても、必ず検診を受けるようにしてください。
※装着後5年を超えないうちに交換・除去する必要がありますので、4年目、5年目の定期検診の際に、交換・除去のタイミングについて相談しましょう。

お支払方法

現金

クレジット
カード